自作のマウスコードホルダーは簡単に作れる

有線マウスでは、ケーブルが引っ掛かって思うように操作できなかったり、ケーブルをデスクに這わせた状態で使っていると摩擦で軽快に動かせなくてストレスを感じるものです。
こうしたときには、マウスコードをデスクから浮かせた状態で固定してマウスの操作性を改善できる「マウスコードホルダー」という製品が市販されていますが、普段使っているマウスの操作性を改善する程度の目的ならば、100円ショップで購入できるものや身近にあるものを使って自作のマウスコードホルダーを制作するという方法もあります。

たとえば、クリーニング店などでもらえる針金ハンガーを縦に2つに曲げてV字型に開いた状態にすると、デスクの上に立てられるようになり、上の部分にマウスケーブルを引っ掛けて高い位置に固定することができるので、簡単な自作マウスコードホルダーとして利用できます。
ただし、このままではマウスを動かしたときにホルダーが倒れたり、コードが外れてしまったりするので、重りやガムテープを使用して土台の部分をデスクに固定したり、ケーブルを固定するために洗濯バサミを使用したりするなどの工夫が必要です。

このように、簡単なマウスコードホルダーならば自作が可能なので、有線マウスの操作性にお悩みの方は、自分の身近にあるものを利用して自作してみることをお勧めします。