マウスコードホルダーでマウスのコードを固定するメリット

マウスコードホルダーはその名の通り、有線マウスのコードを固定するための道具で、パソコンショップや家電量販店などで手頃な値段で手に入れることができます。
有線マウスはケーブルとマウス本体が1~3m程度のコードでつながっており、普段使用している時はマウスのコードは机の上を這うような感じで置かれていることが多いでしょう。このときコードが長いと、机の一部をコードが占有するような状態になってしまい、机の上で他の作業をする場合に邪魔になります。邪魔になる場合は別の場所にマウスのコードを避けなければなりませんが、コードが長いとこの作業も面倒なものになります。また、マウスのコードが長いと、部屋の中を移動している時に身体がマウスのコードに引っ掛かり、マウス本体を床に落としてしまって、以後マウスが思うように操作できなくなってしまう恐れがあります。
このようなことを回避するために有効なのがマウスコードホルダーです。マウスコードホルダーはコードの余分な部分をまとめつつ固定することができます。このため、机の上でマウス操作以外の作業をする場合に、本体ごと別の場所に避ける必要がなく作業ができるようになります。また、マウスコードホルダーの製品の多くは柔軟性をもたせた構造になっており、このことによりコードを固定してもマウスの操作性が損なわれることはありません。